2022年11月23日水曜日

TOPPERS/ASP - RL78版 その1

TOPPERS/ASP - RL78版 概要

半導体メーカー大手、ルネサスエレクトロニクスの16Bitマイコン「RL78」です。

ルネサスエレクトロニクスの16Bitマイコン「RL78」


ルネサスエレクトロニクスは、いくつかの種類の16Bitマイコンを販売していますが、新規の採用を推奨されているものは、このシリーズと「R8C」だけです。

むか~しむかし、日立製作所は「H8」という16Bitマイコンを売っていました。

一方同じ頃、三菱電機が「M16C」という16Bitマイコンを売っていました。

ある時、この2社それぞれの半導体部門が分社、その半導体部門同士が合併し「ルネサステクノロジ」という会社ができました。

ルネサステクノロジは「M16C」の後継として、新たに「R8C」という16Bitマイコンを作りました。

しばらくして、そこへNECエレクトロニクスがやってきました。

NECエレクトロニクスは「78K0R」という16Bitマイコンを売っていました。

NECエレクトロニクスは仲間になりたそうにルネサステクノロジを見ています。


な なんと 半導体メーカーたちが・・・!

半導体メーカーたちが どんどん がったいしていく!


なんと ルネサスエレクトロニクスに なってしまった!


ルネサステクノロジとNECエレクトロニクスが合併、「ルネサスエレクトロニクス」という会社ができました。

ルネサスエレクトロニクスは「78K0R」の後継として、新たに「RL78」という16Bitマイコンを作りました。

さて、合併を繰り返して成立したルネサスエレクトロニクスは、この時点で多くの16Bitマイコンのシリーズを抱えていることになりました。

当然、同じようなカテゴリーの製品が重複するのは経営効率が悪いのでシリーズの淘汰が始まります。

まず「M16C」と「78K0R」に関しては、それぞれの後継機種が出ているので収束。

「R8C」は低コスト化、コンパクト化を推し進めて、さながら8Bitマイコンとしての立ち位置に移行。

残るは「H8」と「RL78」です。

この頃、私は「H8」を仕事に趣味にとジャンジャン愛用しており、性能、入手性の良さ、ラインナップの豊富さやペリフェラルの使い易さを気に入っていたので、「H8」だけ後継機種が出ていなくとも今後もメーカーで開発が続けられるものと信じていました。

が…!

2010年代初頭、ルネサスエレクトロニクスは「H8」シリーズの開発を収束、16Bitマイコンの開発リソースを「RL78」シリーズに集中する…というアナウンスを出しました。

なんてこった。

一般論として「RL78」が「H8」よりも優れているから、こういう結論になったはず。

ならば「RL78」とは一体!?

そういや「RL78」って地球連邦軍のMSみたいだな。

見せてもらおうか…「H8」を倒した「RL78」の性能とやらを!

…というわけで「μITRON4.0」準拠のRTOS(リアルタイムOS)であるTOPPERS/ASPを移植してみました。

(なんでやねん!)


必要なもの

今回は、RL78の中でも比較的ハイエンドな「RL78/G14」を搭載した「RL78/G14 Fast Prototyping Board」という評価ボードを使います。

こちらで買うと、3,300円くらいです。

「RL78/G14 Fast Prototyping Board」評価ボード


他の型番への移植も可能ですが、TOPPERS/ASPを搭載して動作させるならROM:128KB/RAM:8KB以上の容量を持つ型番を選びましょう。

また「RL78/G14 Fast Prototyping Board」を使用する場合、デバッガーは必要ありません。

この評価ボードには既にデバッガーも実装されています。

「RL78/G14 Fast Prototyping Board」を使用しない場合は「E2 emulator Lite」というRL78に対応したデバッガを使用する必要があります。

こちらで買うと、12,000円くらいですね。

「E2 emulator Lite」デバッガ


デバッガーとしては良心的な価格ですが、それを搭載している「RL78/G14 Fast Prototyping Board」がそれより遥かに安価なので、如何にお買い得かが分かりますね。

このブログでは「RL78/G14 Fast Prototyping Board」を使用した場合の例を説明していきたいと思います。


ダウンロード/GitHub

ソースコードの入手は、こちらからどうぞ。

なるべく定期的にメンテナンスするようにしています。

記事を書きながら再検証もしていますので、ちょこちょこ修正が入るかもしれません。

動きがおかしいな?という場合は最新版に更新をお願いします。

一連の記事が完結する頃には安定したバージョンができるかな~?


このカーネルは、かなり昔に実装したので色々忘れてます。

なんとか思い出しながら、次回以降、開発環境の構築やビルド方法を書いていきます!


<続く>

0 件のコメント:

コメントを投稿

TOPPERS/ASP - Arduino UNO R4版 その7

前回からの続き です。 このテーマを最初からご覧になる場合は こちら からどうぞ。 プログラムの転送とデバッグ ターゲットの「Arduino UNO R4」とデバッガの「E2 emulator Lite」を 前々回 作成したケーブルで接続します。 こんな感じ。 これからTOPPE...